士業事務所のコンテンツマーケティングを加速させるメールアプローチシステム

導入事例
最新情報の配信で売上2,000万円!
導入事例
最新情報の配信で売上2,000万円!
税理士

税理士法人アイユーコンサルティング
代表
岩永 悠

定期配信&オリジナル記事の配信で事務所ブランディングに


事務所内で広報委員会を立ち上げて、ホームページやメルマガを定期的に更新できる仕組みを構築。所長以外でも運用が簡単なMiG-pを利用することで、仕組化を後押ししてもらえました。
MiG-pで定期配信される記事に加えて、オリジナルメールも作成して配信することにより、事務所のブランディングにつながっています。
税制改正の情報や、相続の最新情報など、新しい情報を速報で配信。1通で2,000万円もの売上を上げることができました。

成果につなげるための
ポイント3つ

  • HP・メルマガの定期的な更新を仕組化
  • 事務所ブランディングに活用
  • 最新情報の配信で売上2,000万円!

MiG-pのここが便利!

  • 画像入りで、事務所のPRができる
  • 定期追加の記事を自由に組み合わせできるので、送りたいものだけ選んで配信できる

私はこれでMiG-pの導入を決めました

これまでは不動産や各企業と提携した後、十分なフォローができていませんでした。MiG-pを活用することで、自事務所で運用している相続と事業承継特化の2つのサイトの更新内容を見込み顧客にメルマガでお知らせするなど、アピールできるようになりました。

事務所情報

【開業】2013年
【所在】福岡県福岡市
【従業員数】47名(税理士13名)
【配信件数】3,400件
【開封率】30.6%(最高値)

私はこうしてMiG-pを活用しています!

成果の出る広報委員会の設置

公式サイトや相続税専門サイト(LP)、リクルートサイトなどを掲載した記事はSNSなどで拡散しなければ意味がない。そこでFacebookを利用して周知を徹底

スタッフブログと税務ブログの役割を分担。マネージャー未満は日々の生活など税務に限らない内容の記事を更新し、マネージャー以上は税務などの専門的な記事を更新する。

ポイント

広報活動は通常業務と比べて後手になりがちだが、委員会を設けることで各担当者は意識的に更新するようになる。また、ホームページやFacebookなどは事務所の顔となるため、情報が古かったり更新されていなかったりすると逆効果となってしまうので、注意が必要。


メルマガの効果的な使い方

メルマガは情報発信や見込客のつなぎ止め、業務提携先の確保、専門性の刷り込みなどに大きく効果を発揮する。そこで名刺登録をして独自のデータベースを作っておくことは重要となる

メルマガの配信対象

名刺交換先のすべてに配信することにより、選定作業の時間を削減。総務に名刺を渡して一括で入力作業をしてもらうことにより業務短縮に(MiG-pのインポート機能を活用)。

メルマガの配信頻度

月2回配信 ・第2木曜日…オリジナル記事を交えた事務所メルマガ ・第3木曜日…資産税メルマガ(MiG-p定期配信のもの) ⇒最低1つ以上はオリジナル記事を作成する

執筆者

実務経験3年以上の専門職スタッフ6人で月替わりで執筆。記事チェックは全スタッフで行っている。

ポイント

メルマガの狙いは問い合わせであるため、その内容は長すぎず、「ちょっと気になる」程度に簡潔にするのがポイント。そして、いかに内容を見てもらうかを意識したタイトルも重要。また、事務所移転や支店設置、メディア取材を積極的に発信していくことで、成長している事務所だという認識を持ってもらうことができる。

MiG-pは「お客様を増やしたい!」
「顧客先にもっと喜んでもらいたい!」という
皆さまの願いを実現するシステムです。

MiG-pは「お客様を増やしたい!」「顧客先にもっと喜んでもらいたい!」という 皆さまの願いを実現するシステムです。

私たちは導入事務所様の成功を全力でサポートしています。
まずはお気軽にお問い合わせください!

私たちは導入事務所様の成功を全力でサポートしています。まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL:03-5420-2711

受付時間 9:00-18:00(土日祝除く)

TEL. 03-5420-2711

受付時間 9:00-18:00(土日祝除く)