士業事務所のコンテンツマーケティングを加速させるMAツール

顧客獲得コストが5分の1になるリピーター営業とは?

いつもお世話になっております。
MiG-p事務局の大須賀です。

突然ですが、先生のご事務所では
リピーターのお客様を継続的に集客できていますか?

もし先生がこれからリピーターを増やしたい、
またお客様からの紹介で案件を増やしたいとお考えでしたら、
ぜひ最後まで読んでみてください。

 

多くの事務所様が、
新規顧客を増やそうとし、広告を出されています。
駅前の看板、ラジオ、ときにテレビ広告など、
広告費が50万円を超えるご事務所も多数あります。

しかし、
実はそういった新規客よりもずっと獲得しやすいのが、
リピーター・紹介客なのです。

一般的に、リピーター獲得のコストは新規顧客獲得の5分の1と言われています。

もちろん、一度ご相談いただいたお客様も
常に新しい広告を目にし、他の事務所から営業を受けています。
そのため、再度お問い合わせや紹介をいただくのは簡単なことではありません。

 

そこで重要になってくるのが専門家としての「ブランディング」です。

専門職の中でも、特にスキルの高さや他の先生とは違う付加価値を認知されていると、
リピーターや紹介案件をどんどん増やすことができます。

もちろん先ほどお伝えした、
テレビ・ラジオへの広告、メディア出演、多額のHP広告
といった方法でも事務所のブランディングは可能です。

しかし、上記のような方法ではなく、
低コストで、かつ効果的に
専門家ブランディングに成功されたご事務所もあります。

その方法とは…

 

「今までお会いしたお客様に事務所の強みを発信し続ける」

 

ただそれだけです。

たくさんあるご事務所の中でも、
一度ご相談いただいたお客様に対して
適切なフォローを継続できている事務所は多くはありません。

なぜなら、

・相談後に正式な依頼がないから、「顧客にならないだろう」と思い、放置してしまう
・一度事務所を利用したら、次もきっと利用してくれるだろうと考えている

そういった、思い込みがあるからです。

お客様側からすると、
先生の対応業務はとても幅が広く、
先生の事務所では何を重点的にサポートしてくれるのかわかっていない。

結果、困ったことが起きるたびにWebで検索し、
広告を見ていろいろな事務所に問い合わせをする…

という状況になり、リピーターを逃してしまっているのです。

 

しかし、お客様の紹介が増えている事務所ほど、
過去のお客様に対してのフォローとブランディングに力を入れています。

お客様・見込み客の方と定期的に連絡を取り、
業務内容・先生の事務所の実績を理解してもらうことで、
ブランドがつくられ、リピーターや紹介客を生み出すことができます。

ぜひ、今までお会いしたお客様に
事務所の強みを発信し続けてみてください。

本日もお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る