士業事務所のコンテンツマーケティングを加速させるMAツール

お客様を紹介してもらえる所長がやっている3つの習慣

いつもお世話になっております。
MiG-p事務局の大須賀です。

 

「どうすれば、次々にお客様を紹介してもらえるのか」

 

この質問の答えは、
先生の事務所を大きく変えてくれるはずです。

この答えさえ知っていれば、
事務所はもう、

・信頼関係を築くために、
何度も見込み客に会いに行く必要はありません

・価格競争に巻き込まれることはありません

・ランニングコストを大幅にかけて、
広告を出す必要はありません

一度、紹介の連鎖に入れば、
もう先生は、営業を一切せず、
紹介で得たお客様と面談するだけです。

 

今日はその最初の部分、
つまり、「お客様を紹介してもらう方法」について
お話ししようと思います。

実は、
お客様を紹介してもらうために必要なのは、
たった3つのステップなのです。

 

ステップ1 人と出会うこと

数多く当たる必要はありません。
1つの交流会で3~4人も話せば十分です。
質の良いイベントで名刺を増やしましょう

 

ステップ2 2回目の面談の打診をすること

一度、お互いのことを話し合っただけでは
ビジネスにつながることはまずありません。
二度目の面談の打診をしましょう。

 

ステップ3 メルマガを使って情報を定期配信すること

もちろん直接会うのが一番良いですが、
話のネタや労力を考えると、
メールマガジンでの定期接触がベストです。

 

たったこれだけです。

その中でも、少しコツが必要なのが、
ステップ2の具体的方法とステップ3への移り方です。

多くの人は、
ステップ1で名刺交換をした後、
何もせずに終わってしまいます。

そして、
最も紹介を得られる瞬間を逃してしまうのです。

どのように、
2度目の面談へ持って行けば良いのでしょうか?

そのために、簡単にできることをお伝えします。

 

『お礼メール』をその日中に送ってください。

 

お礼メールを送るだけで、
ステップ2からステップ3への移行がスムーズになります。

お客様との関係を保つことは、案件を紹介してもらうために必須ですので、
今回ご紹介した方法を先生の事務所での活動でもお役立てください。

MiG-pについてご質問などありましたらお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る