士業事務所のコンテンツマーケティングを加速させるMAツール

○○をもらわないと新規営業の成果は半分になる⁉

いつもお世話になっております。
MiG-p事務局の大須賀です。

今回は、時間の効率化に悩んでいるという先生からよく相談がある、

「時間と労力をかけずに見込み客を獲得し、契約につなげる方法」

についてお話しさせていただきます。

 

先生は新規開拓の営業をされたことがありますか。
所長先生であれば9割の方が「Yes」と答えるのではないでしょうか。

実際、新規開拓の営業というのは、
「売上に直結しない仕事」にもかかわらず、
勤務時間の大半を費やしてしまうことがほとんどですよね。

いろいろな人と会って、
自分の事務所に興味を持ってくれる人と
そうでない人を選別するには、多くの時間がかかります。

サービスを必要とし、
予算も十分にある見込み客と
ようやく商談をできたとしても成約にならず、
「こんな理由で契約にならないの?」
とがっかりしたことがあるのではないでしょうか。

そうなると、
「時間の無駄だ」と思ってしまうことも時にはありますよね…。

「どこに行けば新しいお客様がいるのか…」
「やり方が間違っているのではないか…」

当然のことながら、
見込み客と効率的に出会い、
そしてすぐに売上につながる最短ルートを探しています。

ただ、ここで少しだけ視点を変えて、
「成約」という結果から逆算してみてください。

このような、
理想的な顧客獲得が高確率で起こるときの条件、
心あたりはありませんか?

著名なビジネス・コンサルタントの発言を紹介します。

 

「サービス業の仕事の最大45%は、
 知り合いからの『紹介』で発生している」

 

もし、これが事実だとしたら、
新規開拓営業における取引の約半分は
紹介経由の見込み客から発生しており、
紹介を上手く活用できていなければ、

「戦う前から半分負けている」

ということになります。

 

それともう一つ、
紹介は「もらえたらラッキー」と思っていませんか?

一般的に、紹介は自分ではコントロールのしようがない、
運任せの方法だと思われています。

ですが、それは間違っています。

紹介というのは、
事前に「正しい手順」さえ踏めば、誰でももらうことができ、
来月、再来月の成果を予測することもできる理想的な方法なのです。

 

もちろん、先に述べたような
「時間のムダ」と感じる効率の悪い仕事も必要なくなります。

 

今回は、紹介を定期的にもらうことができている先生の手法をレポートにしました。

・一人事務所から30人事務所にまで成長させた先生
・都心の一等地にある事務所
・地方で活躍している事務所

など、それぞれの事務所にあったマーケティング手法を展開し、
紹介を定期的にもらえる仕組みを作った先生方です。

下記のURLより無料でダウンロードできますので、ぜひご覧になってください!

▼税理士の先生はこちら

▼司法書士の先生はこちら

▼社会保険労務士の先生はこちら

▼弁護士の先生はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る